TOEIC

『TOEIC直前の技術』の徹底レビュー【忙しくても最速でスコアUP!】

【忙しくても最速でスコアUP!】 『TOEIC直前の技術』の徹底レビュー

 

悩んでいる人

『TOEICテスト直前の技術』ってどうなの?

TOEICのスコアをあげたいけれど勉強する暇がない...

 

と悩みを解決できるレビュー記事になっています。

 

結論から言います。

TOEIC受験者は『直前の技術』を絶対買ってやってください。

自信をもっておすすめいたします。

 

なぜなら、私は『TOEICテスト直前の技術』を読み実践したことで、TOEICのスコアを75点あげることができました。

また3名の友人にお勧めして実践してもらったところ、3名とも50~100のスコアアップに繋がりました。

 

記事の前半では、『TOEICテスト直前の技術』の内容を解説しつつ、記事の後半では『TOEICテスト直前の技術の使い方』を具体的に解説いたします。

 

この記事を読み終えた後は、『TOEICテスト直前の技術』の内容を知るだけではなく、有効な活用方法までも身についた状態になります。

 

それではさっそく、解説していきます

 

TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術とは?


 

『TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術』はロバート・ヒルキ著のTOEIC直前対策で有名な参考書。

 

『30年以上にわた利TOEICを教えてきた、唯一の日本人」と自称するロバート・ヒルキ氏が、今までの経験とノウハウから生み出した完全無敵の11日間速攻プログラム。またTOEICの研究家、ヒロ前田さんも関わっている本です。

 

 

TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術・5つのおすすめポイント

TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術・5つのおすすめポイント

以下では『TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術』の5つのおすすめポイントを解説いたします。

 

TOEICスコアが上がりやすい順にカリキュラムが並んでいる

「TOEICのスコアをあげたいけれど勉強する暇がない...」

そんな人向けに、最も効率の良いカリキュラムにもどづいて作られている。

『TOEIC直前の技術』では、Part2→Part5→Part6→Part3→Part4→Part7→Part1の順で勉強するのが最も効率の良いカリキュラムであると謳っている。

 

TOEIC点数UP請負人が独自に作り上げた「48の技術」

著者のロバート・ヒルキ氏が、国際的に有名な大企業を中心に年間約250にちのセミナーを行う、英語・異文化コミュニケーションのプロ。

特にTOEIC対策講座は圧倒的な評価を誇り、「2時間のセミナーを3度受講しただけでTOEICスコアが100~200点上がった」という報告が続々と寄せられている。

『TOEIC直前の技術』では、そのセミナーで話されるTOEICスコアアップのための技術を48つに凝縮し、惜しげもなく掲載。

また新形式問題に伴い、最新の技術もアップデートされ続けている渾身の一冊。

 

TOEICスコアをあげる時間管理術

TOEIC L&Rテストは200問に対して120分という限られた時間のテスト。

『TOEIC直前の技術』では「リスニングセクション」と「リーディングセクション」に分けて、【マークシートの正しい使い方】・【高速解答メソッド】をはじめとして、よりリアルで実践的なノウハウも掲載。

 

目標スコア別に目標正答数がのっている!

600・700・800と目標スコアごとに、それぞれのパートの目標正答数が記載されている。

問題集や模試を解いた後に、実際の正解数と比べることによって、どのパートを勉強していけばいいのかわかりやすい。

目標スコアに対する課題がはっきりとわかるので、その他の対策にも役立てることができる。

 

読了後に実力を試せるTOEIC完全模試付き

『TOEIC直前の技術』で身に付けた48の技術をアウトプットするための完全模擬試験が巻末に付属している。

完全模試によって、11日間の学習成果を測ることができ、本番試験のスコアを予想できる「参考換算点表」も巻末に用意されている。

 

 

TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術・おすすめの使用方法

TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術・おすすめの使用方法

こんな人がやるべき!

・忙しいためTOEICに使える時間が限られているひと

・TOEICスコアが500点以上である程度は基礎力があるひと

900点未満であれば基礎力があるほどこの本の効力が発揮されます。

 

こんな人は向いていない!

・TOEICスコアが500点未満のひと

・TOEICを一度も受験したことがないひと

 

ズバリ上記にはてはまる方は技術うんぬんよりも英語の基礎力が足りていません。

まずは英語の三大基礎である『発音』『英文法』『英単語』をしっかり固めていきましょう。

まだ自信がない方はこちらの記事もあわせてご覧ください。

 

 

『TOEIC直前の技術』を始めるタイミング

「点数が500点以上あるのであれば、今すぐにでも始めるべき」

なぜなら、知識さえインプットしておけば問題を解くたびにアウトプットできるからです。

 

11日間の即効プログラムではありますが、あなたは一度で読んだ本の内容を覚えられますか?

覚えたうえで48個もの技術を問題に応じて使う必要があります。

直前の技術とはありますが、時間をかけるほど吸収できます。30日あっても問題ありません!

 

『TOEIC直前の技術』の使い方

step
1
学習は記載されているスケジュール通りでOK

『TOEIC直前の技術』は膨大な時間・労力をかけ研究された集大成です。

1ページ目から推奨されている順番に信じてやってみよう!

 

step
2
出題形式の確認・「攻略の基本」を読む

「あ、こんな問題あったな。」

とまずは問題の形式を確認。その上で「攻略の基本」をサラッと読む

 

step
3
「技術」だけに目を通す

練習問題を解くと進みが遅くなるため、一度「技術」だけに目を通して読み進めるのがおすすめ。

本来であれば、技術に目を通し練習問題を解いてワンセット。時間がたっぷりあるひとはそれでOK。

練習問題を解かなくても技術を知っているだけで点数伸ばせる人が多そう。

※セクションごとに復習問題もあるがこれもスルー

 

step
4
「技術」に再度目を通しつつ、練習問題を解く

「技術」を踏まえた上で練習問題→復習問題を解き定着

「あー、そうだったそうだった」と2周目でなります。

 

step
5
完全模擬試験を解く

48の技術を確認するように付属の模試を解きましょう。

参考TOEIC「3回チャレンジ法」とは?【味がなくなるまで味わい尽くせ!】

 

step
6
TOEICの問題をするたびに確認できるように持ち歩く

「あ、TOEIC直前の技術でいうとあのページだったな」

と確認しながら、思い出せるようになったらいい仕上がり。

 

『TOEIC直前の技術』の使い方(図解)

視覚的にわかるように図解いたします。

 

 

①問題形式の確認となります。
どの問題に対する技術なのかをしっかり認識していきましょう。

②「攻略の基本」となります。
Part2攻略において、大まかに意識すべきポイントが書かれています。

 

③「技術」となります。
ここにTOEICスコアアップのノウハウが凝縮されてます。

④練習問題となります。
実際に技術が適用される問題があり、確認できます。
右ページが解答解説になります。

 

基本的にはこの2ページ1セットで1つの技術です。

全Part1~Part7で合計48の技術を習得していきます。

 

TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術・注意点

TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術・注意点

基礎力が大事

TOEICの解く技術に特化した本なので、問題の詳しい解説があるわけではありません。

よって英単語・英文法はサラッとしか解説されておりません。

基礎力があるほど伸びることは自明なので単語と英文法も同時に固めていきましょう。

 

筆者おすすめの参考書を一応貼っておきます。


 

『TOEIC直前の技術』の徹底レビュー・まとめ

 

TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術・5つのおすすめポイント

・スコアが上がりやすい順にカリキュラムが並んでいる

・TOEIC点数UP請負人が作り上げた「48の技術」

・スコアが上がる時間管理術

・目標スコア別に目標正答数がのっている!

・実力を試せるTOEIC完全模試付き

 

こんな人がやるべき!

・忙しくても勉強に使える時間が限られているひと

・TOEICスコアが500点以上である程度は基礎力があるひと

 

こんな人は向いていない!

・TOEICスコアが500点未満のひと

・TOEICを一度も受験したことがないひと

・英語の基礎力が足りない人

 


 

いかがだったでしょうか。

忙しくなかなか時間が取れない人はぜひ『TOEIC直前の技術』を試してみてください。

 

実際にこの本の存在を教えて点数があがった友人が何人もいます。

忙しい中大変だとは思いますが、できることから始めてTOEICの点数をあげていきましょう。

 

確実に点数をあげたい人はこちらの記事もチェックしていただければと思います。

【TOEIC400→900が解説する】TOEIC勉強法【初心者向け】
【TOEIC400→900が解説する】TOEIC勉強法【初心者向け】

続きを見る

 

-TOEIC

Copyright© 人生コスパBlog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.