TOEIC

TOEIC「3回チャレンジ法」とは?【味がなくなるまで味わい尽くせ!】

【味がなくなるまで味わい尽くせ!】

 

悩んでいる人

・TOEICの点数が伸び悩んでいる..

TOEICが必要だけど対策に時間をかけたくない..

・会社や学校で、TOEICを受けないといけない..

 

このような悩みを持っている方に読んでいただきたい記事です。

 

僕は大学3年の夏に初めてTOEFL ibtという試験を受けました。

結果は29点、TOEIC換算でいうとたったの270点。

 

対策した期間は1ヶ月以上、かけた費用は受験料と参考書あわせて40,000円強

手応えのなさに帰りの電車では思わず涙が出そうになりました。(実際には出ていない)

 

その1年後の5月。

僕のTOEICスコアは895点。

 

ここまで点数をあげられた大きい要因のひとつは「3回チャレンジ法」を実践したから。

 

この記事では、「3回チャレンジ法」というTOEICを効率良く勉強する方法をご紹介します。

記事を読み終え実践すると、あなたのTOEICの点数が大幅に向上する可能性があります。

 

ふくつ
3~5分くらいで読めるので最後まで付き合ってね!

 

TOEIC「3回チャレンジ法」とは?

TOEIC「3回チャレンジ法」とは?

 

名前の通り、1つのTOEIC模試を3回解く方法です。

1回目:時間制限アリで、本番と同じように解く。
2回目:時間制限をなしで、全問納得いくまで解く。
3回目:解説を全て見た後に、再度時間制限を設けて本番と同じように解く。

 

まず最初に同じ試験を2回解き、その後解説を全て読み、最後に復習として3回目の試験を受けます。

 

時間がある方は、1回目と2回目を同じ日にやるといいですが、忙しいひとは日を分けることで負担を減らすことができます。

1日目:模試1回目

2日目:試験2回目&答え合わせ

3日目~15日目:INPUT

16日:試験3回目

 

1つの模試を2週間~3週間しっかりやりこみます。TOEIC対策では馴染みのなかった方もいるかもしれません。

ではなぜこのやり方が優れているのかをお話しします。

 

僕が895点取れた理由は「3回チャレンジ法」

短期間でスコアが大幅にあがった理由を分析したところ、理由は3つ。

①英語の三大基礎『発音・英文法・英単語』を身につけた。

②TOEICを可能な限りは、なるべく連続受験をしていた。

③「3回チャレンジ法」で問題集を有効活用していた。

 

①に関してははまず、TOEICの単語や文法、文章は鬼のように難解というわけではないので、自分にあった参考書を用いて正しく勉強すれば誰でも身につけることができます。

 

もし自信のない方は、『発音・英文法・英単語』の学習方法について詳しく解説したのでリンクを貼っておきます。

 

 

②に関しては、タイミングとお金次第です。

当たり前ですが、連続受験するたびに課題が見つかり、感覚も掴めるので点数は上がりやすいです。

 

長期的にみて、本当に英語ができるようになりたいのであれば、TOEICの勉強をいつまでもやっているわけにはいきません。

短期集中で、お金と時間のリソースを割き、欲しい点数を取ってしまいましょう。

というわけで今回は、③にフォーカスし「3回チャレンジ法」がいかに優れているかを説明します。

 

TOEIC「3回チャレンジ法」がおすすめな理由3つ

TOEIC「3回チャレンジ法」がおすすめな理由3つ

 

「3回チャレンジ法」の概要がわかったところで、なぜおすすめなのか理由を解説いたします。

おすすめな理由① 自分の課題が明確になる

模試を解く回数は3回ですが、それぞれに目的があります。

1回目:自分の現在の解答力を知る。

2回目:自分の現在の英語力を知る。

3回目:復習&知識の定着

 

2回目を解いた時点で、単に「時間がなくて解けなかったのか」それとも「英語力がなくて解けなかったのか」が明確にわかります。

 

ここが非常に重要なポイントになります。

時間制限なしで解けた問題は、トレーニングや技術次第で解けるようになります。

いわば時間管理術が解決してくれる問題。

逆に、時間制限なしでも解けなかった問題が「真の弱点」です。

 

なのでこの弱点を重点的に対策しない限り、本番で取れる最大得点の底上げができません。

 

やる気に満ち溢れた人
おしゃ、次のTOEIC絶対600点越えるぞー!

とどんなに意気込んでも

1回目(時間制限あり):520点

2回目(時間制限なし):590点

であれば本番で600点取ることは難しいと言えます。

 

特にTOEICにまだ慣れていない人は、課題が何かわかりませんよね。

そんな方はまず、「3回チャレンジ法」で自身の英語力の弱みを明確にしましょう。

 

おすすめな理由② 頻出問題やTOEICの傾向に慣れることができる

「同じ問題を繰り返し解け」

なんてよく言われますが、ピンときませんよね。

 

最初は様々な問題に触れた方が解ける問題の幅が広がる気がします。

しかし、特に慣れないうちは色んな問題集に手をつけるべきではありません。

なぜなら、ひとつひとつのやり込み具合が浅くなるからです。

 

TOEICを既に何度か受験されている方はご存知かとは思いますが、形式は毎回同じな上、毎回出てくる単語もある程度決まっています。

TOEICは年10回行われ、年間受験者おおよそ200万人の超大規模な試験であり、試験ごとで急な落差をつけることはできないためです。

 

そのためTOEICでは、1つの模試を”徹底的にやりこむ”のが非常に有効な手段。

 

では「3回チャレンジ法」はどうでしょうか。

このやり方であれば一つの模試を数週間かけてじっくり解くので「1つの模試を完全にやり切った」と言える状態になります。

 

出てくる単語や文法はだいたいは覚えていて、かつTOEICの形式にも慣れた状態。

 

「3回チャレンジ法」はTOEICに最適です。

それに3種類の模試を1回ずつ解くより、1つの模試を3回解く方が心理的ハードルが下がりませんか?

 

ふくつ

不安だとどうしても色んな参考書や問題集を買いたくなるよね。

けど結局はひとつの問題集・参考書を深掘りするほうがお金もかからず効率がいいんだ。

 

「ふ、まるで味が出なくなったガムのようだ」

といえるようになるまでやり込んでいきましょう。

 

おすすめ理由③高得点を取れる感覚がわかる

3周目まで解くと、1回目の時と比べて大きく得点があがります。これが非常に大切。

どのぐらいの時間配分と正答率で解けば高得点が取れるのか感覚として理解できます。

 

同じ模試を何度もやるので、最初の1回目の点数が低くても最終的にはほぼ満点取れます。

本番の試験中に「この問題は飛ばそう or このペースで大丈夫」と認識できるようになるのは大きなアドバンテージ。

 

TOIEC「3回チャレンジ法」を実践できる問題集・参考書

TOIEC「3回チャレンジ法」を実践できる問題集・参考書

 

では実際に私が使用した「3回チャレンジ法」を実践するのにおすすめな参考書・問題集を2冊紹介します。

 

おすすめ参考書①『至高の模試600問』

【オススメ度★★★★★】

「3回チャレンジ法」はもともと、この問題集の著者ヒロ前田氏が提唱した方法。

『至高の模試600問』ではもちろん、そのやり方が詳しく解説されています。

模試が3回分解けて2,800円なので、TOEICの問題集としてはかなりお得価格ですね。


 

おすすめ参考書②『公式問題集』

【オススメ度★★★★☆】

テスト開発機関であるEducational Testing Service(ETS)が、実際のテストと同じプロセスで作成している。

当たり前ですが、存在する問題集で最も限りなく本番に近い内容。

必ずしも必要ではありませんが、本番に近い正確な形式・点数を知りたい方は持っておくべき。

 


 

最後に:TOEIC対策は期間よりも方法のほうが大事

最後に:TOEIC対策は期間よりも方法のほうが大事

 

TOEIC対策は「どれだけ時間をかけたか」は直接関係ありません。

たとえ期間が半年でもTOEIC900越えしてしまう人は実際にいます。

 

僕の経験上、対策時間に関わらずTOEICで高得点を取れる人の条件は2つ。

①TOEIC対策しなくても、基盤が十分すぎるほど整っている。

②TOEIC対策の仕方が優れている。

 

①のパターンですが、留学経験ありや帰国子女、スクールに通っていたなどが理由がほとんどです。

しかし普通に生活していたらそうでない人の方が多いと思います。僕も20歳の時まで海外にすら行ったことがありませんでした。

 

そんな僕でもTOEIC対策次第で、大幅な点数アップをすることができました。

「英語に関係ない平凡の暮らしをしてけどTOEICで高得点を取りたい」

という方のために今回は②のパターンの王道である「TOEIC 3回チャレンジ法」を紹介しました。

 

僕の中でのベストな問題集の解き方です。ぜひ実践してみて下さい。

そのほかにもTOEICに有効な勉強方法が知りたい人は以下の記事にまとめたので、ぜひ一度チェックしてみてください。

【TOEIC400→900が解説する】TOEIC勉強法【初心者向け】
【TOEIC400→900が解説する】TOEIC勉強法【初心者向け】

続きを見る

 

今回も記事をご覧いただき、ありがとうございます。

 

-TOEIC

Copyright© 人生コスパBlog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.